ケチと思われたら終わり?デートでの費用はやはり男性が支払うものなの?

 

この話もよく男女の考え方の違いで取り上げられる話題ですね。気になっている男性も多いと思います。

 

確かに一部「払ってもらって当たり前」な女性はいます。ただし、この手の女性は女性の間でもケチだったり、ワガママを通すタイプの女性なので、人として少し問題があるように思います。

 

一方で、そういったタイプでない女性でも男性に払って欲しいと思う場面は確かにあります。

 

では、ワガママな女性と、その時だけは払って欲しいと思う女性の違いは、どういったところで見分けると思いますか?

 

女性によっても支払いの価値観は様々ですが、男性を立てる意味合いで支払いをお願いすることがあります。

 

せっかくエスコートされているのに、女性が率先して支払うのでは男性のメンツを潰してしまうと考える場合です。

 

また、自分が男性にとって価値があるか判断するために、支払って欲しいなと思う場合もあります。

 

男性が支払わないことで、「自分は彼にとって友人と区別がない・支払う価値もない女なのかな」と考えてしまうからです。

 

でもこのような考えの女性なら、あなたが支払ってくれたことで安心したら、必ず別の形でお返しをするはずです。

 

心の中で対等のパートナーと考えていればこそ、バレンタインやクリスマス、誕生日など自然な形でそれなりのものを女性の方からも返そうとしてくれるはずです。

 

そこが貰うものは貰うだけ、という女性と、パートナーとして払ってもらうという女性の決定的な違いです。

 

お金だけの問題でなく、女性を喜ばせる努力をあなたがしてくれるか。そうするだけの価値のある女性であると、女性自身が自覚できるかが、彼女の気持ちを満足させるのです。(ご飯はいらないので、お尻にらぶりつ下さいませー?)